2013年10月02日

Advanced Custom Fields の インストール エラー

ワードプレスでとっても便利なプラグインAdvanced Custom Fields
カスタムフィールドの利用で導入したかったのですが

Advanced Custom Fields はWPバージョンアップにより
WPのプラグインから直接ダウンロードすると
きちんと「カスタムメニュー」などボタンが出ない場合があります。


下のリンク先から zipファイルをPCに保存して

WPのAdvanced Custom Fieldsダウンロード先


WPのプラグイン
>新規追加
>アップロード
>zipファイルの選択


とするときちんとはいってくれました。


(バージョンは4.2.2の最新のものを入れました。2013.10.1現在)




posted by ron2010deta at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Advanced Custom Fields

Advanced Custom Fields でカスタムフィールドを使ってみました。

php・WP は本当に知識が無いので
手探りで一応できたことをかいてます。

やりたかったことは、

4.jpg


1項目に 
・先頭に画像
入力しなくても先頭に置きたいテキスト
・その後にカスタムフィールで入力したテキスト 

を 入力があった時だけ 出力させる。
というものです。
まずは Advanced Custom Fields プラグインを使って
カスタムフィールドを作ります。
WPのAdvanced Custom Fieldsダウンロード先

例として 「最寄り駅」を使います。

1.jpg



2.jpg


3.jpg



表示させたいphpに以下のものを書けばできました。


<ソース説明> 

//これは入力あった時だけ 出力させるソース 下の赤いソースで閉じます。
<?php if(get_post_meta( $post->ID, '最寄り駅のフィールド名', true )): ?>



//これは画像の出力ソース(テーマフォルダ同じ階層に入ってるときです。)
    <img src=" <?php bloginfo('stylesheet_directory'); ?>/画像ファイル名" /> 


//これは 最寄り駅 と入力しなくても表示されるソース
<?= "最寄り駅"; ?>


//これは 最寄り駅 に入力したテキスト内容を表示するソース
<?php the_field("最寄り駅のフィールド名", $post->ID); ?>




<?php endif; ?>



以上です。

-----------------


<?php the_field("最寄り駅のフィールド名", $post->ID); ?> と書きましたが
<?php echo post_custom( '最寄り駅のフィールド名' ); ?> でも同じものが出力表示されます。


フィールド名はその時々で好きに変えられる部分です(半角英数字)
下の説明部分ではわかりやすく「最寄り駅のフィールド名」としてありますが
実際は今回の場合なら「moyori_sta」が入ります。


---補足

Advanced Custom Fields はWPバージョンアップにより
WPのプラグインから直接ダウンロードすると
きちんと「カスタムメニュー」などボタンが出ない場合があります。

上のリンク先から zipファイルをPCに保存して

WPのプラグイン>新規追加>アップロード>zipファイルの選択

とするときちんとはいってくれました。
(バージョンは4.2.2の最新のものを入れました。2013.10.1現在)

posted by ron2010deta at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

WP phpで、単に画像の出力コード

テーマフォルダと同じ階層なら

<img src="
<?php bloginfo('stylesheet_directory'); ?>
/画像名.png" />


テーマフォルダの中のimgフォルダの中なら

<img src="
<?php bloginfo('stylesheet_directory'); ?>
/img/画像名.png" />




ラベル:画像の出力
posted by ron2010deta at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

Akismet (アキスメット) APIキーの取得方法

スパム対策でwordpress管理画面
のプラグインに はじめからあります。
でも、有効化するだけでは使えません。

akismet 02.5.JPG


Akismet下の設定をクリックすると
APIキーを入力する項目があり、キーが必要となります。

APIキーの取得は http://akismet.com/ 
Get an Akismet API key をクリック
akismet 01.JPG


通常は 
Personalとあるところの 
「SIGN UP」の oderdeta で 
スライドをゼロ(ゼロ円で使うってことです。)にして
アカウントを作成すれば。
メールで下記のように、キーがおくられてきます。

「Your Akismet API key is”●●●●●●●●”」
●●●●●●●の部分が APIキーです。

これを
wordpress管理画面
>プラグイン
>Akismet
>設定
>APIキーを入力
>保存

すれば有効化完了です@


----------

しかし。。
なぜか
WordPress.com のアカウント登録画面に。。。私はなってしまいました。

でもここでアカウントをとっても
APIキーがメールで送られてきます。
使い回しができるみたいなので

WordPress.com は使わないのですが、登録しました。
メール・ID・PW・ブログ名 を入力すると
画面下の「ブログ作成ボタン」がアクティブになります。

akismet 02.JPG


作成後 メールが来るので
APIキーを取得 と思いましたが
なぜか 記入されていなかったので;

http://wordpress.com/ログインしてから!
https://akismet.com/resend/に行くと

「Your Akismet API key is”●●●●●●●●”」とかメッセージがあります。

その後もキーを確認したいときは

http://wordpress.com/ログインしてから!
https://akismet.com/resend/に行き

>登録したメールアドレスを入力
>送信ボタンを押すと

メールでキーを教えてくれます。



クラフトカート
posted by ron2010deta at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

wordpress テーマの場所

サーバー
/ドメイン名
/ httpdocs  フォルダ
/ wordpress  フォルダ
/ wp-content  フォルダ
/ themes  フォルダにあります。



themesフォルダ に今までインストールしたテーマがあるならここにあります。
自分でテーマを作ったものもここへおき有効化すれば使えます。
posted by ron2010deta at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

サイドメニューのカスタマイズ 表示


サブのグローバルメニューもこれでいいかもです。


@

外観>メニュー でメニューを作成

メニュー名を たとえば  「e」 として保存。



A
次に
「page.php」をコピーして「e.php」と名前を変更。
 FFFTPなどでアップロードする。


B
外観>テーマ編集 で 「e.php」 1行目


<?php
/*
Template Name: e
*/
get_header(); ?>



と記述


C
「e.php」 の <?php get_sidebar(); ?> を

<?php wp_nav_menu( array('menu' => 'ここはカスタムメニューで作成したメニューの名前を入れます。' )); ?><!-- 「e」ページ カスタマイズサイドメニュー -->

に変更

D
固定ページで eメニューを設置したい 固定ページを 作成か編集で開き

ページ属性 のテンプレート 「e」を選択して保存。




---

home.phpなどの メニューは 外観>メニュー>テーマの場所 で設定したものが別に
表示されています。

home.phpなどの メニューに 
テンプレート 「e」を設置した固定ページへのリンクを設置すれば
カスタマイズした「e」 メニューが確認できます。




posted by ron2010deta at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワードプレスのカテゴリが表示されない

カテゴリを作成したのに サイドバーに設置した
カテゴリに 作成した項目が一部しか表示されていませんでした。

なぜかわかりました。

カテゴリを作成しても
そのカテゴリに関連付けした記事を投稿しないと
カテゴリに表示されないだけでした。


0件でも表示のかもしれませんが設定とかがあるかわまだ初心者でわかりません。。。
覚え書です





posted by ron2010deta at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワードプレスのテンプレート作って ウィジットの固定ページで選択できるようにする。

phpの冒頭に 次を記述すると
作成後
ワードプレスの固定ページの ページ属性 で
作成したテンプレート名 (デフォルトテンプレート ← 名前は任意)
が表示されます。

<?php

/* Template Name: デフォルトテンプレート */

get_header(); ?>


zz.jpg


z.jpg
posted by ron2010deta at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

サイドバー の 見出しを画像にする 

ワードプレスはまだよくわからないので
きっと本当のやり方は違う気がします。。。(-。-;)
メモ代わりで


やっつけでできた。。。って時の 設置の覚書です。

---方法


  使う画像(img.png)を用意

→ FFFTPなど テーマフォルダにアップロードする。

→ スライドバーの 見出しcssは sidebar h2です。ここを変更

→ 外観>テーマ編集>スタイルシート (style.css)を開く


→ background-image: url(img.png); とすれば 
スライドバーの見出し(h2)部分が画像表示されます。



こんな感じ 

#sidebar h2 {
background-image: url(img.png);
background-repeat: no-repeat;
background-position: center;
}




---でもカテゴリのh2に 文字(カテゴリー)がひょうじされるので

→ ウィジット>サイドバー で カテゴリー:タイトル に 
  スペースだけ押して保存すると 一応文字が表示されません
posted by ron2010deta at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

ワードプレスの スライドバー sidebar を追加する



---2個目のスライドバー(sidebar)を 作成する


  sidebar.phpをコピーして

→ sidebar-2.php (アンダーバーではない) に名前を変更

→ FFTTPでアップロードする



→ ワードプレスで 外観>テーマ編集> sidebar-2.phpを開く 以下のようなコードがある。


<div id="sidebar">
<ul>
<?php dynamic_sidebar(); ?>  ← ここを <?php dynamic_sidebar(2); ?> に変更
</ul>
</div>



functions.php には register_sidebars(2); と記述



---2個目のsidebarを 表示させる


→ スライドを表示させたいphpを開く
→ <?php get_sidebar(2); ?> と好きな位置に 記述

( <?php get_sidebar(); ?> 元のスライドの記述はとくに変更なし)




3個目なども 同じように 作成します 

 sidebar-3.php 

<?php get_sidebar(3); ?>
と増やすだけ

でも


functions.php には register_sidebars(2); をけして
register_sidebars(3); だけ記述します。

でないとウィジットがうまく表示されませんでした。




外観 > ウィジット に サイドバーが2.3...と追加されています。


---sidebarに入れるメニュー

ワードプレスで  外観 > ウィジット  でドラッグして好きにカスタムする。
posted by ron2010deta at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

PHP コメントの書き方


■PHPのコメントを書く場合

/*〜*/で囲みます。


例:
<?php /* コメント */get_header(); ?>



---補足


<?php〜?>内でのみ有効です。

HTML内でのコメント記述は <!-- コメント --> です。
posted by ron2010deta at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

WordPressのカテゴリーの作成と作成後の変更

タグと違い、カテゴリは
投稿記事をグループ化できたり、親子関係も作れます。

-----カテゴリー作成

管理画面にログインします。

左側メニューの
 投稿
→ カテゴリー

新規カテゴリーを追加の

名前  :カテゴリ名を入れます
スラッグ:URL に適した形式の名前です。半角小文字、英数字とハイフンのみ
   :タグとは異なり、カテゴリーは階層構造を持つことができます。
    (例:食べ物(親)>中華(子)>餃子(孫))オプションです。選択しなくてもいいです。
説明  :自分がわかりやすくするためのものです。 記入しなくてもいいです。

→ 良ければ 「新規カテゴリーを追加」ボタンをクリック
→ 右に追加したカテゴリが並んでいきます。

(階層の位置に関わらず同じ名前を付けることはできないようです。)

----作成済みのカテゴリの編集

管理画面にログインします。

左側メニューの
→ 投稿
→ カテゴリー

右にある カテゴリー一覧から変更したいカテゴリの上にマウスをかざす

 編集 l クイック編集 l 削除 l 表示 

と表示されます。

→ 編集 をクリック ここで変更・更新できます。


----補足
カテゴリの並ぶ順をドラッグするだけで変更できる Category Order というプラグインもあります。
解説&設置方法のサイト:http://www.seotemplate.biz/blog/wordpress-plug/879/
わかりやすいです@

パンくずリストを勝手に作成表示してくれる Breadcrumb NavXT というプラグインもあります。
解説&設置方法のサイト:http://www.seotemplate.biz/blog/wordpress-plug/851/
わかりやすいです@
このプラグインはカテゴリの親子関係をパンくずリストで表示しています。
(カスタムメニューで作った階層は関連しませんでした。)


その他カテゴリやタグについての解説サイト:http://wp-exp.com/blog/tag-kihon/
posted by ron2010deta at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アクセシビリティモードを有効にする」意味 

WordPressの管理画面の左メニューの

外観 → ウイジェット 
ウイジェット画面 右上のオプション表示を押すと

「アクセシビリティモードを有効にする」

とあります。

有効にするとウィジェットでの
「ドラッグ&ドロップ」や「インライン編集」等の直感的な編集ができなくなるようです。

posted by ron2010deta at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

WordPressで、データベースのバックアップ WP-DBManager の設置





ロリポップサーバーでの設置ものせています。

設置方法をすぐ見るときは下のオレンジ線からです。


----------バックアップとは

予期せぬ プログラムやファイルの破損に備えて
データやファイルを別に保存しておくことです。
なので定期的にバックアップを保存するのは基本ですよね。


wordpressにも
データベースのバックアップと最適化もできる
WP-DBManager というプラグインがあります。
インストールして有効化するだけでは使えないのです。

さらにロリポップサーバーの場合その設定も必要になります。


下の参考サイトは写真もあり説明もとってもわかりやすくていお勧めです!
WP-DBManager – データベースの最適化とバックアップ:
http://www.seotemplate.biz/blog/wordpress-plug/863/

ロリポップの場合の設定: http://www.seotemplate.biz/blog/wordpress-plug/3482/



☆設定の方法を見ただけでは
初心者で意味が分からない部分もあって大変だったので

これって こうすればいいのか。。とか
きづいた事も付け加えて書いています。




-----WordPress WP-DBManager 日本語表示について

日本語化 の記事をよく見ますが クロームでワードプレスを触っていますが
ページを開くとブラウザのほうで日本後変換を随時してくれるので
便利です。日本語表示しますか? のメッセージが出ないときは
更新ボタンを 押すと画面上部に再び表示されます。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

--------WP-DBManagerをインストール

@wordpressの左「プラグイン」メニューから 
プラグイン画面を開き 画面上の

→ 新規追加 をクリック
→ WP-DBManager を入力して 検索ボタンをクリック
→ WP-DBManager をインストール  
→ 有効化 

A有効化すると プラグインの画面上に 赤字のメッセージが出ると思います。

(バックアップ用のディレクトリが外部からアクセスできる状態にあるという警告文。)らしいです。

なので設定がいります。





----手順@ 名前変更

wp-dbmanager 内にある「htaccess.txt」 「.htaccess」に変更します。

☆「htaccess.txt」の場所

FFFTPなどで wordpress のサーバーにアクセスします。
そこから 右のサーバー側にある 

wordpressデータの入っているフォルダ 
→ wp-content → plugins → wp-dbmanager
ここのフォルダに 「htaccess.txt」 があります。

右クリック → 名前変更 で
「htaccess.txt」を 「.htaccess」に変更します。

w0.jpg


☆はじめ なんだか .htaccess が拡張子だと思って
 .txt を .htaccess と変更して 「htaccess.htaccess」 とかにしちゃってたりしました。
(私ぐらいかな...;)
単に「.htaccess」だけで この前後に何の文字も附属しません;




------手順A 変更したファイルを移動
 
「.htaccess」ファイルを
wp-content の backup-db フォルダの中に移動させます。


これも、FFFTPなどで wordpress のサーバーにアクセスして行います。
サーバー内でのファイルの移動はファイルの右クリックでも
コピーや貼り付け が出なかったので

一度 「.htaccess」ファイル を FFFTP画面左のローカルにダウンロードします。
次に サーバー上の wp-content の backup-db フォルダを開き
そこに 「.htaccess」ファイル を アップロードして入れます。

w7.jpg

他にも方法があるのかも?
 
wp-contentフォルダ内に backup-dbフォルが生成されない場合は(まれにある)、
手動で作成しましょう。

backup-dbフォルダ 後に、バックアップされた .sql ファイルが保存されていきます。




--------手順Bパーミッション変更

パーミッションっていうのは
コンピュータのハードディスクなどに保存されているファイルやディレクトリに対する
ユーザのアクセス権のことです。


WordPress本体
wp-content
backup-db 

上記のフォルダの パーミッション を 755 にします。

これも、FFFTPなどで wordpress のサーバーにアクセスして行います。
フォルダを選択し右クリック → 属性変更 → 現在の属性 に 755と入力し OKを押します。

w3.jpg

これを 755にしとかないと
バックアップしても backup-dbフォルダにバックアップされた .sql ファイルが保存されません。



--------手順Cロリポップの設定

ロリポップのサーバーを使っている場合は
そちらの設定も必要になります。


ロリポップの ユーザー専用のページ にログイン
画面左 中頃の
→ WEBツール ボタンをクリック
→ PHP設定  ボタンをクリック
→ php.ini の 設定変更ボタンをクリック



 ここで php.ini の設定を変更していきます。

→ 「そのほか」の項目の 「safe_mode」の 設定内容を On → Offにします。
→ php.iniを設定する ボタン をクリック

w5.jpg


----------手順D「DBオプション」上から説明と設定

WP-DBManagerのメニューのDBオプションをクリックします。


mysqldump のパス :/usr/bin/mysqldump
MySQL のパス   :/usr/bin/mysql

にします。


Path To Backup
バックアップへのパス
:ここにバックアップが保存される場所が指定されています。
 (.../wp-content/backup-db とか)

Maximum Backup Files
最大バックアップファイル
:10 とか ここで指定した数以上になると古いバクアップから削除されま

す。


Automatic Backing Up Of DB
DBの自動のバックアップ
: 指定した間隔で勝手にバックアップとってくれます。


Automatic Optimizing Of DB
データベースの最適化
 : 指定した間隔で勝手にバックアップとってくれます。

最適化によるメインの処理は、「無効な領域を削除・整理する」ことです。
これにより、ファイルサイズは小さくなり、パフォーマンスが上がり、また壊れにくくなりま
す。


Automatic Repairing Of DB
データベースの自動修復
 :自動修復は、しないように設定しています。







-------バックアップしたファイル

バックアップファイルをサーバー上に置きっぱなしだと
容量を使ってしまうので、ローカルに移動・保存もできます。


----ローカルに保存方法(3つ)

wordpressの Databaseのなかの
Manage Backup Database (バックアップ・データベースを管理する)を開き

・ローカルに保存したいバックアップファイル にチェックを入れて
Dawnloadボタンを押します。


・E-mail database backup file to: にアドレスを入力
そこにバックアップファイルを送ることもできます。

・FFFTPを開き 
任意のローカルフォルダに バックアップファイルをダウンロードして保存もできます。



----復元するには

Manage Backup Database (バックアップ・データベースを管理する)を開き

復元したいバックアップファイル にチェックを入れて

Restore(復元)ボタンを押します。







posted by ron2010deta at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

PS Auto Sitemapでサイトマップを設置する。WordPress












PS Auto Sitemapはサイト内ににサイトマップを自動生成するプラグインです。

-------方法
まずプラグインに PS Auto Sitema を追加し有効化します。
プラグインの追加方法(記事 中ごろのオレンジ色の部分から説明)


有効化した後
→ 設定
→ PS Auto Sitemap

→ PS Auto Sitemap 画面の下の <!−− ddsitemapgen −−> を
サイトマップを設置するページにを作り
HTMLモードで張り付けて
公開ボタンを押します。

→ サイトマップのページをプレビューしてそのページのURLの
 post= や post_id= の後ろの数字を見ます。

→ PS Auto Sitemap設定画面に戻り
  『サイトマップを表示する記事』のボックスにさっきみたぺージ数を入力して 保存します。
m.jpg

これで サイトマップのページを見れば自動でサイトマップが作成されています。
SEOにもいいことです。

posted by ron2010deta at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WordPressに Contact Form 7でお問い合わせページを作る

Contact Form 7 はお問い合わせフォームのプラグインです。

とっても簡単に設置できます。


-------方法
まずプラグインに Contact Form 7 を追加します。
追加方法(記事 中ごろのオレンジ色の部分から説明)

→ 有効化すると 左のメニューの下のところに『お問い合わせ』メニューができます。それをクリック。
→ 特に変更がなければ 画面上のコードを 
  ページの記事の中に張り付けて保存すれば お問い合わせフォームができています。

とっても簡単です。
n.jpg


-------添付ファイルも付けたいとき
フォームの部分に
<p>ファイル添付<br />
 [file your-file]</p>

を記述します。

受取り先の記述もセットでしないと受取れません。
メールの部分のファイル添付:の枠
[your-file] と記述します。

名称未設定-1.jpg


このフォームのセキュリティや文字化けに関しては私は不明なので
設置する前に調べたほうがいいと思います。





posted by ron2010deta at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

WordPress phpファイルの場所





WordPressでプラグインしていると
「index.php、category.php、archive.php、search.phpにソースを追加する。」
などの指定があったりします。

でも、どこでそのファイルを確認できるかもわかりませんでした。

------WordPress phpファイルの場所

外観 → テーマ編集

すると使っているテンプレートの ファイルがすべてありました。
下のほうを見ると
index.php、category.php、archive.php、search.php などのファイルがあります。

ss.jpg


posted by ron2010deta at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

WordPress を設置する。

WordPress サーバー まったく意味が分からなかったですが
手探りでやってみました。
後々 WordPressでサイトでも作りたいというのを目標にしています。


まず WordPressをダウンロードして
レンタルサーバーを借ります。


サーバーにWordPressをのせないと 使えないからです。

(サーバーに上げず ローカルで操作もできるみたいですが
そのためのものもインストール設置となるので面倒なので。。)

htmlでサイトをアップするのと同じように
レンタルサーバーにWordPressをアップすればいいだけです。

が、その前に設定があるみたいです。
参考サイトWordPressダウンロードから設置

--------------

結局 私はロリポップをレンタルサーバーにしたので
上の面倒な設定は特にしなくていいので簡単でした。


ロリポップはWordPres簡単インストールというのがあるので
あまり細かいことわからない(私)ならここで使ってみては。
ロリポプランにしました。
有料ですが付何百円です。


とにかくWordPressをつかいたい けど 難しいことはよくわからない という人は 
ロリポップでレンタルサーバーを借りて 簡単設置したら楽かと思いました。




ラベル:WordPress
posted by ron2010deta at 17:53| Comment(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

All in One SEO Pack wordpressにプラグインをインストールする方法

wordpressを使う前に いろいろプラグインをするのは必須だと思います。

その中の一つ 
検索エンジン最適化のためのプラグイン。
All in One SEO Pack  です。

wordpressを開き

→ プラグイン 
すると右に 既存のプラグインがいろいろ表示されます。
All in One SEO Pack も初めから インストールされているので
「有効化」ボタンを押します。

押してから 上部に 赤いエラーメッセージが出ると思うので
そこの中のリンクへ飛び
All in One SEO Packの設定をします。

赤い表示がなくても設定するときは
All in One SEO Packの説明部分にある 
Options configuration panel をクリックすれば設定画面に行けます。

All in One SEO Packを有効化しても 設定をしないとこの赤いメッセージが表示されました。
設定例のサイト:http://wordpress.diet-surimu.com/wp-plugin/all-in-one-seo/set/
All in One SEO Pack設定の注意記事:http://seo-mania.biz/all-in-one-seo/





--------wordpressにその他 プラグインをインストールする方法
も紹介します

がその前に


・インストールする前に 自分のインストールしたいプラグインが
すでにインストールされているか確認します。

(はじめからいくつかインストールされています。)

---方法
プラグイン画面の右上 
「インストールされているプラグインを検索」にインストールしたいプラグイン名を入力して検索します。
既にある場合は 「有効化」すればいいと思います。


------wordpressに無いプラグインインストール場合の方法
プラグイン画面を開きます
→ 画面一番上の 「新規追加」をクリック
→ 画面上の 「検索」をクリックし
→ 検索キーワードの横のをっくすに プラグイン名を入力 して検索ボタンを押します。

--------wordpressではなく プラグインのサイトからzipをダウンロードした場合の追加方法

wordpressプラグイン画面 
一番上の 新規追加 をクリック
→ アップロードボタンをクリック
→ ファイルを選択し アップロード
するとプラグイン一覧にAll in One SEO Packが追加されています。

他のプラグインも同様に行えます。

そのほか 
検索 | アップロード | おすすめ | 人気 | 最新 | 最近の更新
といろいろインストール方法や
おすすめプラグインなどのメニューがあるので見てみては。



プラグイン参考サイト
2011年版!絶対にインストールしたいWORDPRESSプラグイン45個 






posted by ron2010deta at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WordPress 日本語表示にかえる。

WordPressをインストールしたら英語だったため
日本語へ設定します。


個人設定 

→ 管理パネルの言語 :ja日本語 にします。

wp.jpg







posted by ron2010deta at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | WordPress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
AX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。